リフォーム事例

旭区東希望が丘 M様邸 バスルームリフォーム

 BEFORE 

 AFTER 

収納は既存のものを戻しました。

シロアリ消毒をしたのち、新しいユニットバスを設置しました。
使い勝手を考えて浴槽の位置が変わりました。洗面所の床とクロス、洗面台も新しくなって明るい洗面所にリニューアル。

→施工後のお客様の声はこちら

旭区東希望が丘 T様 バスルームリフォーム・床リフォーム

畳の表替えと階段塗装、お風呂をユニットバスに交換、玄関のかまちも新しくなりました。コルクだった床をフローリングに交換しました。

→施工後のお客様の声はこちら

 BEFORE 

 AFTER 

 BEFORE 

 AFTER 

 BEFORE 

 AFTER 

 BEFORE 

 AFTER 

 BEFORE 

 AFTER 

旭区今宿1丁目 S様 キッチンリフォーム・内装リフォーム・外壁塗装・屋根塗装

キッチンリフォーム、奥様の使われている和室を洋室へリフォーム、和寝室を洋室にリフォーム、廊下をドアで仕切って洗面所を広げるリフォーム、外壁、屋根塗装をされました。

→施工後のお客様の声はこちら

 BEFORE 

 AFTER 

前面・側面の壁にキッチンパネルをはり、換気扇もプロペラファンタイプからシロッコファンタイプになりました。

 BEFORE 

畳にじゅうたんをひかれていました。

 AFTER 


 BEFORE 

 AFTER 

京壁にボードを貼ってクロスを貼ってあります。

 BEFORE 

 AFTER 

塗装前はグレーでしたが明るいアイボリーに変身!

廊下だったところに壁とドアをつけて一つのフロアにリフォームします。→

廊下をドアで仕切ります。

スイッチの場所も替えて今まであったところも補修しました。

一つの空間ができました。

旭区中希望が丘 U様 ウッドデッキ設置

 BEFORE 

 AFTER 

高い擁壁の上に建つU様邸。施工前はリビングの窓は腰高でしたが、ウッドデッキ施工にあたり、掃出し窓にリフォームされてとても明るくなりました。

天然木の風合いが、ナチュラルなリビングルームと一体化して素敵な空間となりました。

→施工後のお客様の声はこちら

旭区笹野台 M様邸 外壁・屋根塗装

2年ほど前から外壁についてきたコケが気になってきていた、風で屋根の棟がはずれてしまったりとちょうど塗装時期になっていました。
外壁、屋根の色をとってもお悩みになって奥様の大好きなイメージでお選びになった色です。

→施工後のお客様の声はこちら

 BEFORE 

 AFTER 

 AFTER 

広くて使いやすくなった洗面台。

港南区下永谷 H様 バスルームリフォーム・サッシ交換

介護保険の利用で浴槽の改修工事をしました。

→施工後のお客様の声はこちら

 BEFORE 

浴槽が深くて入るのが大変でした。

 AFTER 

新しくなった浴槽は底の部分も滑り止めがあって安心です。手すりも中にあります。

 BEFORE 

 AFTER 

玄関の軒裏も塗りなおしました。

 AFTER 

雨戸の開閉で苦労されてました。一間半のサッシから一間のサッシにリフォームです。壁になった部分は大工がクロスを貼りました。

 AFTER 

サッシの両側が新しくなったクロスです。

旭区東希望が丘 K様邸 外構リフォーム・断熱耐震リフォーム

K様のお宅は現在は80歳代のお母様とK様のお二人暮らし。建てて60年ほどの歴史あるお宅です。
おうちの中のリフォームと、足が少しご不自由になられたので、玄関から門扉までのアプローチの置石部分にコンクリートをうち、手すりをつけられました。

お部屋のリフォームは、基礎の補修をしてその上に土台をのせました。土台と大引はお客様のご要望により県産材のひのき、根太は県産材の杉です。
リフォーム前は床下に断熱材が入っていなかったので、床下すべてに断熱材を入れ、壁の中に筋かいをできるだけ入れることにしました。
床はフローリングを張る前に合板を捨て張りにしました。天井は石膏ボードを貼る前に断熱材をいれました。
壁はまず補強壁を貼ってその上にボードを貼ります。窓の上の欄間にはガラスが入っていたのでこの部分にサッシを入れました。最後はクロスを貼って仕上げです。

→施工後のお客様の声はこちら

 BEFORE 

門扉まで置石でした。

 AFTER 

床下すべてに断熱材を入れました。

壁にも天井にも断熱材

筋かいを入れることにより地震に対して家が強くなります。

旭区今宿2丁目 O様 バスルームリフォーム

 BEFORE 

 AFTER 

20年間使ったお風呂とのお別れで、工事前日はご家族の皆様こころなしかお風呂に入っている時間が長かったとのことでした。

まだお子様が小さいときにこのおうちにいらっしゃって思い出がいっぱい詰まったおふろ。解体されてしまうのはつらいけど新しいお風呂に生まれ変わるのは楽しみ!とおっしゃってました。

→施工後のお客様の声はこちら

 BEFORE 

 AFTER 

お客様とショールームにご一緒させていただき、この洗面台をお選びになられました。
前面縦にはいったLEDライトがとっても明るく鏡に映ったお顔が綺麗にうつり、とても素敵です。

お客様のご要望で、周りの壁はクロスではなく、磁石のつくキッチンパネルで今までお使いの磁石グッズがそのままお使いになれるようにしました。

旭区中希望が丘 D様邸 バスルームリフォーム

おうちの傾きが気になってのご相談。

何件ものリフォーム会社や工務店などにご相談になって、どの会社も建て替えの提案だったそうです。おうちに愛着をおもちになるお母様が建て替えには反対だったため、何かいい手はないかと本田建築設計のドアをたたいて下さいました。

おうちの傾きを直していく方法のひとつにアンダーピニング工法(鋼管圧入工法)がありますが、これは工期と費用が掛かります。また住まいながら施工するためお施主様にも負担がかかります。
新築された当時の施工図面等の資料を精査し、D様が過去に何社かの工務店に地盤調査をしてもらった情報と今回弊社にて地盤調査を行った結果を加味して、建物に再荷重をかけない限り、再沈下はあり得ないと思われました。

そんななか、お風呂のタイルが壊れてしまいました。取り急ぎ、大工がお邪魔して穴をふさぎましたが、このままにしておくわけにはいかないのでユニットバスへの交換のご提案いたしました。
D様、お母様とも何度もお打ち合わせし、お気に入りの壁の部分を残したり、あまりいろいろな手を加えないということで話は進みました。

→施工後のお客様の声はこちら

お風呂解体中に、トタンのような下地が出てきました。

この頃の工法として、木の下地に黒いルーフィングをはり、ラス網と言うネットを張って、そこにモルタルを塗ってタイルで仕上るのが一般的ですが、D様邸の場合、ネットと鉄板がくっついたものを貼る工法がとられていました。
これは良い工法で、そのようにしようと設計者が判断したようです。

ご覧になったD様は、「過去からのお手紙ですね」と素敵なことをおっしゃって下さいました。
その頃施工してくれた方々の意向が伝わってきます。
リフォームをするとこのように、そのおうちがどんな気持ちを持ってつくられているかも感じ取ることができます。

大工がレーザーで平行、垂直をきちんととって作業を進めていきました。

壁も新しくしました。ベニアを張る前です。

 AFTER 

 AFTER 

3方向に鏡があった洗面所は、一方向の鏡だけ残しました。

飼っているネコちゃんが床のコンクリートが固まる前に遊びに来たようで、かわいい足跡が残っていました。

旭区笹野台 M様邸 フルリフォーム

ご相談を受けてM様との打ち合わせを重ね、ショールームにご一緒したりしながらのリフォームでした。

<リフォーム内容>

  • 屋根と外壁塗装
  • バスルームと洗面所リフォーム
  • キッチンリフォーム
  • サッシ交換
  • 和室を洋室へ
  • ウッドデッキ設置

→施工後のお客様の声はこちら

 BEFORE 

 AFTER 

屋根も瓦からスレートに葺き替えました

フローリングを貼る前に断熱材をいれます。

天井・壁にも断熱材。

 AFTER 

在来のお風呂からユニットバスへ

 AFTER 

広くて使いやすくなった洗面台。

 BEFORE 

天袋もあった押入れ。

 AFTER 

開き戸になって高さもあるクロゼット。ドアも交換しました。

 AFTER 

新しくなったサッシにブラインドをつけました。

 AFTER 

洗面所は洗面台の面材に色を合わせたブラインドです。

 AFTER 

デッキ部分が広くとってあるのでちょっとした雨なら外に洗濯物も干せてとっても便利になりました。

 AFTER 

ドアの色は高校生の娘さんセレクト!

 AFTER 

玄関を入ったクロスは石を重ねた雰囲気のあるものです。印象が随分変わります。

 AFTER 

今までは窓側にあったシンクも対面キッチンになり快適!

旭区東希望が丘 G様邸 フルリフォーム

築35年のおうちのリフォームで、何回かのお打ち合わせ、ショールームにご一緒して実際の商品を確認してみたりと、お客様のイメージを形にして、工事がスタートしました。

<リフォーム内容>

  • 屋根工事を行いました。
  • 在来のお風呂を解体しユニットバスを入れました。
  • バスルームの壁の内部に断熱材をいれました。洗面所を少し広くするために壁を外側に出しました。
  • LDKのリフォームのため、LDK内部を解体。既存の大引、根太などを新しいものに変えました。
  • 内部解体に伴い、2階の強化にもなるため、梁を新しく入れました。
  • 断熱材を床にも壁にも入れて壁にはべニアの後ボードを貼り、システムキッチンの交換をしました。
  • 1つのLDKにするため、少しでもお部屋を広くするため、それまで階段下収納として使っていた部分をキッチンの床にすることにしました。
  • 2階の踊り場を広げ、部屋にあった物入れをトイレにしました。
  • 2階の和室を洋室にするために押入れをクロゼットにしました。

→施工後のお客様の声はこちら

外壁も塗装してきれいに。

門扉も取り外して、新しくポストをつけました。

上部にも収納でき、収納力アップ!!明るい印象の玄関に。

玄関先のタイルも張り替えました。

リビング側から撮影。基礎はベタ基礎のようです。

補強できるところには筋交(すじかい)も新たに加えました。筋交を入れることでより家が強化されます。

お風呂解体後、断熱材を入れることでユニットバスの利点(夏は涼しく、冬暖かい)が生かせます。

対面式キッチンのテーブル部分は大工こだわりの丸みをつけた仕上げにしました。

お選びになった素敵なクロスが貼られたシステムキッチン。奥様のご希望でIHクッキングヒーターを入れました。

2階にあった物入れをトイレにしました。寝室は2階なのでやはりトイレがあると便利ですね。

和室を洋室にするときは押入れをクロゼットにリフォームされる方が多いです。

旭区 さちが丘Sビル ALCパネル外壁塗装

 BEFORE 

溝部分にひび割れが見られます。

 AFTER 

ひび割れもなくつやが出ました。

Sビルは他店にて建てられ築30年、外壁にALCパネルを使用しています。
ALCパネルはALC(高温で発泡加工した軽量コンクリート)を金属網で補強して作られています。

ALCパネルのメリットは

  • 軽量で住宅への負担も軽く施工する側も工期短縮が可能
  • 断熱性・耐火性・遮音性が高い

デメリットは

  • ALCが多孔構造であるため防水性がない。防水・耐久性は塗料に依存
  • 定期的メンテナンスが必要

今回、Sビルはシーリングの劣化および部分的な雨漏りが見られたため本田建築設計にご依頼があり、補修および外壁塗装を行うことにしました。

足場をかけ、高圧洗浄で外壁を洗浄後、下地調整を行い、シーリング材をクラック(ひび割れ)部分にうっていきます。

下塗り

中塗り

上塗り

旭区 K様邸 外構工事

 BEFORE 

 AFTER 

旭区・K様邸で擁壁をつくるのに型枠ブロックを使いました。

型枠ブロックとは、普通のブロックよりも擁壁の強度が必要なときに使用されるブロックです。
ブロックの穴の形状が普通のブロックよりも大きく、たくさんの鉄筋を中に入れ、たくさんのコンクリートを打つことができることにより、擁壁の強度がはかれます。

旭区 W様邸 お風呂リフォーム

 BEFORE 

 AFTER 

ご実家のお父様をご自宅で介護されるため、お風呂、洗面所、トイレをリフォームすることになりました。

施工前はタイル張りでした。
全面的に壁をとり、断熱材を入れた暖かいお風呂になりました。